前へ
次へ

国のすすめる地域医療連携が目指すもの

地域総出で地元の医療を支え合うのが、地域医療連携のコンセプトです。
これは厚生労働省の指針でもあり、設備と技術が整う病院と、町の開業医などが連携し、それぞれの持ち味を活かす取り組みです。
従来のように患者を別々に取り扱えば、一極集中して特定の施設に負担が掛かりますが、それを防ぐことを目的にしています。
例えば、医療従事者が足りずに閉院へと追い込まれる病院も見られるように、現在は持ちこたえている病院でも、患者がさらに集中すれば、その可能性が出てくるとも限りません。
もしも人手不足により中核病院が閉鎖でもすれば、最も困るのはほかならぬ地元住民です。
それを防ぐための手段ですから、患者側もそれに呼応した行動を心掛けましょう。
とは言え、それほど難しく考える必要もなく、軽い風邪ひきなどであれば中核病院を受診せず、町の開業医を利用するだけです。
もしも診療所で対応できなければ紹介状を書いてくれますから、それを持参して中核病院へ行き、以後はそこで治療します。

Page Top