前へ
次へ

人の心に生じる悲嘆を予防する医療サポート

グリーフとは、悲しみ、悲嘆であり、喪失体験によって生じる感情の反応のことです。
とりわけ、大切な人との死別は、人生の中でも大きなストレス体験の一つであり、何よりも深い悲嘆を抱かせるものになります。
これは、誰しもが経験し得る正常な反応で、死別からの時間経過とともに軽減してくものだといわれています。
喪失を受け入れるとともに、故人のいない現実社会を生きることに折り合いをつけていきます。
新たな人間関係を構築することで、役割を見出す人も少なくないです。
一方で、深い悲しみを抱き自分の生活を取り戻せないこともあり、うつ病などを発症するケースも少なくありません。
そのため、専門的な治療へつなぐこと必要です。
グリーフケアは、病気の予防という観点からも大切な医療サポートといえます。
この役割を果たせるのが、在宅医療現場で働く看護職です。
訪問看護により築き上げられた家族との信頼関係によって、グリーフケアを行いやすい状況にあります。

Page Top